別途車検費用が必要な場合もある

中古車を購入するときに、車両の価格だけを見てお得だと考えることは間違っている可能性があります。なぜなら、車検が残っていなければ公道を走ることができないからです。従って、車検の残り期間がまったくない中古車の場合は、車両価格にプラスして車検の費用を支払わなければ運転はできません。中古車の状態によっては車検費用がかなりの金額になる可能性があるので、安さを求めて中古車を購入するときは気をつけましょう。なお、車検がどのくらい残っているのかはとても重要な情報なため、ほぼ間違いなく車両の情報に記載されています。中古車の場合は最長で2年近く残っていることがあるので、きちんと長さを把握したうえで購入の契約をしましょう。

車検が残っていない場合はお店でやってもらえるか確認

車検が残っていない中古車を購入した場合、公道を運転できないため自宅まで持って帰ることはできません。レッカーなどの自動車を移動する手段を利用すれば可能ですが、かなりの費用がかかってしまいます。そのため、残りの車検期間がゼロの中古車を購入しようと考えるなら、お店で車検をやってもらえるか確認しましょう。多くのところでは対応しているため、移動に余分な費用をかけずに行ってくれます。もちろん、車検費用は中古車の購入契約をするまえに教えてくれます。5万円程度で済むこともあれば、軽く10万円を超えるケースもあるので必ず確認しましょう。なお、購入することを前提として話し合えば、少しくらいは車検費用を安くしてくれる場合もあります。